インストラクター紹介

HOME | インストラクター | 宮川千鶴子先生

宮川千鶴子プロフィール

 
東京都国立市出身
9才より国立バレエスタジオ石沢秀子氏の元でバレエを習う。
14才の時に怪我の為、バレエを断念。

日本女子体育短期大学舞踊教職科卒業
。 学生時代、竹屋啓子コンテンポラリーダンスカンパニー所属、舞台に参加。また流山児祥氏率いる「演劇団」(現:流山児事務所)の舞台、寺山修司氏書き下ろし遺作作品「新邪宗門」等の舞台に立つ。
21才神奈川県逗子市に移転。在学中に靱帯断裂し活動を断念。

22才現在のStudio SWEAT vol.2(主宰)の初代Studio SWEAT、横須賀にてアメリカ人ダンサーにジャズダンスを学ぶ。
24才よりNYやLAにてダンスを学ぶ。
NY Browdway dance centerスカラーシップ。
Frank Hatchett氏、LAではDouglas Caldwell氏を師事。
国内においてはDavid Bowen氏を師事。スタジオ一番街にてパフォーパンス、舞台に出演。仕事としては主にバックダンサーとしてTV、コンサート、舞台等、イベント等に出演。
1992年
Studio SWEAT vol.2主宰。
2002年
アキレス腱断裂の為、全てのダンス活動を辞め経営・妻・母としての日々を送る。
2011年
不定愁訴に悩み、ヨガを始める。
2014年4月
内田かつのり氏考案「アナトミック骨盤ヨガメソッド」のティーチャーズトレーニングコース卒業認定資格取得。
2014年5月
バー・アスティエ坂東祐子氏のレッスンに感銘を受け、名誉顧問アラン・アスティエ氏に出会う。
2015年8月
NPO法人バー・アスティエ協会認定講師資格取得。